2017年10月23日月曜日

平成29年10月第四月曜日

本日は月曜なのでドリアン長野について語りたい。 

http://twilog.org/duriannagano

世の中には「反対も妨害もしませんが推奨しません。」といった提案をする人はおられます。実際の所、海外でレンタカーを利用することについても私は同じような考えです。なぜならば、危険を伴うからです。無論、国際運転免許証の保有をした後で自己責任でレンタカー料金を支払い海外でレンタカーを利用するのは自由ではございます。そういえば、米国のドラマで「従いますが推奨しません。」と役者が発言したのを見た事がございました。



ルイ・ヴィトン位はがんばったら普通に買えるのでは?保有してる人は多いから別に珍しくもなんともないです。ただ、馬鹿げた冷やかしについては否定します。

私は教育機関の立場を尊重しますので冷やかしは辞めておきます。入学した時には大したことなくても卒業する迄に何等かの技術を習得する人は多いと思います。

自販機に設置されてる看板の内容と、実際の商品価格に乖離が発生してるようですと不快に感じる消費者はいますね。多数の商品の中で一種類だけ適用されてる値段が「ほとんどこの価格。」と表記されてると否定的に思う消費者は多いに違いないです。

芸能人や有名人の漢字間違いはヒンシュクに至ります。それで、連想したがペンネームを「あむろなみへい。」とした人がテレビで紹介されていたのでズルイと思いました。

地下鉄の会話を紹介する事がドリアン長野は多いです。色々とあって電車内では友人同士で会話することが不可避な事はございます。

ご連絡

祝祭日にブックマーク先を紹介するようにしてますが、ブログの運営先で障害が発生したのでブログの閲覧が不可能な状態でした。今回のように予想が困難な障害が発生した場合は祝祭日に紹介しようにも不可能なので後日紹介をする予定です。また、私の早合点についてもこの場で謝罪します。申し訳ありませんでした。紹介してるホームページが存在するか否かを確認して現存してなかった場合は削除します。また、一応は確認を何度かさせていただきます。なぜならば、繰り返すようですがブログの運営会社で障害が発生してる場合や点検の影響でホームページが円滑に閲覧が行えなかった前例があったからです。
http://trouble.seesaa.net/
そればかりか、不要な争いに巻き込まれたくないとも考えてます。

フェイスブック上において伝達が行えても肖像権や著作権等の観点から転載を兼ねた発表を私が見合わせたい投稿をドリアン長野が行われる時があるので、もし、皆様の中でドリアン長野が伝達した投稿を全て知りたければフェイスブックに加入し友達申請して下さい。全てのフェイスブック上の投稿に対する返答のやり取り(コメント)の転載は事実上、不可能です。理由は、反対も妨害もしませんが転載した後で返答をする人がおられるからです。 https://www.facebook.com/durian.nagano 

皆さんが海外旅行に行くか否かは各自で熟慮の上でご決断ください。提案はしますが、責任はとれません。

最近、ドリアン長野が行ってきた海外旅行記の見直しをしてます。見直しを決断した理由は幾つかございます。

第一に、整理整頓が必須と考えました。半ば周知されてますがドリアン長野が執筆した海外旅行記は順番が非常に乱雑で順不同の状態に至ってます。同じ国へ二回以上訪問した旅行記と言っても中国の上海と北京や、米国のニューヨークとロサンゼルスは別口である点はご理解下さい。そういった状況ですが、可能な限り整理整頓します。平成十年代にドリアン長野がgoo簡単ホームページ(現存しない)を楽しんでた時であっても本人が過去の海外旅行記の再編集をした前例はございますので難しいですが、整理整頓については最善を尽くします。

第二に、半ば当然ですが過去と現在では大きく異なってる部分はございます。一例を示すと、平成29年1月から始まったトランプ政権は米国からメキシコへの陸路での移動に過去よりも厳しい制限を加えるようになったそうです。こういった連絡は不可避だと考えます。皆さん、もしも、本当に海外旅行に行かれるならば各自で詳細を調べた上でご決断ください。料金の値上がりや政変の影響で過去には行えたことが現在は行えなくなった事が多数ございます。

第三に、実際に私が海外に行った後で考えが大きく変わりました。手前勝手かもしれませんが、やはり、私自身が一回だけとは言えども実際に海外旅行をしてくると考えが大きく異なってきましたので比較が容易になりました。

マーキュリーマークの海外旅行記 カナダ ブリティッシュコロンビア州編 Canada BC

第四に、過去(平成10年代)には文章だけであった海外旅行記であったので可能であれば動画や画像(地図等)を付加した上で再編集をしていきたいと思いました。過去(平成10年代)と違って、海外の町の様子を動画で紹介する人は昨今(平成29年)増えましたので参考の為に紹介していきます。但し、ドリアン長野ばかりか私が撮影した動画の紹介ではない点はご理解下さい。

マトメ

前述した幾つかの理由から徐々にですが海外旅行記の見直しを進めていきます。 そういう訳で皆さん、これからも良い一週間を過ごしてください。

2017年10月22日日曜日

シュークリーム 平成29年10月

昨日は降雨の中シュークリームを買ってきた。最近は降雨が継続してる。本当に過去一週間以上継続して降雨ではなかろうか?天候や政争について、少し複雑な思いを抱きながらも外出してきた。普段、あまり行かないお店に行った所、おいしそうなシュークリームが販売されてたので購入した。台風21号が接近してるので日曜日の営業について早じまいを示唆するような連絡の張り紙がお店に貼られていた。従業員さん達も人間なので天災に巻き込まれたくない思いはあるに違いない。本日は政争と台風21号で複雑な思いをする人が多いであろう。期日前投票を済ませた有権者は多いに違いない。台風対策を済ませた人も多いであろう。画像の発表は控えます。

空港からホテルの送迎バスの利点と欠点 平成29年10月

十月になると思い出す。私がバンクーバーに行った時は、日本の海外旅行代理店に送迎バスを依頼しました。その時はホテルの予約と往復の航空券だけだと思ってたが後に空港からホテルの送迎バスが含まれてる事を知りました。利点はバンクーバー国際空港からホテルに円滑に赴けた事。(海外旅行案内書と大差ないかもしれないけども)現地情報について教えてもらった事。ホテルのアーリーチェックイン(早期入室)が実質無料で行えたことも良かったです。欠点は、行きの時に他の航空機(確か成田便)の人々がやってくる迄の待機。又、迎えの車がホテルにやってくる時間が遅めだったことから結果的に帰国便の着席がおよそ40分前で少し微妙でした。

マーキュリーマークの海外旅行記 カナダ ブリティッシュコロンビア州編 Canada BC

送迎バスが高いか安いかについてなんですが、それなりの金額だから料金について納得しないなら依頼しないという決断をくだされても良いかもしれません。海外であっても空港連絡鉄道やホテルのシャトルバスは存在してるようですが時差ボケで過労の時は助かりました。私にとっては初めての海外旅行であったしホテルへの早期入室が行えた利点を考えると利用して良かったと思ってます。第三者の意見を変更するような考えは一切無いので各自で熟慮の上で利用するか否かは各自でお考え下さい。本音を伝えると一人旅であればともかくですが、集団の旅行の場合は大変だと思います。なぜならば、相手が海外旅行の経験者の場合は議論になるかもしれません。

留学エージェントの空港送迎$100は、ぼったくり?

2017年10月21日土曜日

公共施設と万屋 平成29年10月

昨日は、某公共施設に行ってそれなりの選択をしてきた。皆様も棄権しないで権利を行使する方が良いと思います。最近は期日前に行う事も可能です。政争は日々激しさを増してます。少ないとは言えない人数の人々がやってきてたのは印象深い。台風がやってくる前に決断を下す人もいるであろう。次にいつもの万屋に行ってきた。久しぶりに再会が行えた店員さんがいたので驚いた。全く逆に退社した従業員さんについても話を聞いた。店内は一部改装中のような状況で整理整頓が出来ていないような状況だが営業は継続されてた。昭和の時代だとあり得ないが平成になってからそういった事が一般的になったのではなかろうか?購入したい商品は品切れでした。

オマケ

コーンチップスが時々、食べたくなる時はある。

2017年10月20日金曜日

秋から冬への切り替えか? 平成29年10月

昨日は、春夏用のお布団と秋冬用のお布団を交換した。摂氏20度前後に至るとその決断を下し実行するのはやむを得ない。徐々に冬支度をする季節になってきました。北海道では冬支度を随分前に行ってるであろうけども。靴の洗い屋を兼ねた修理屋の店長と軽く話した。感謝の気持ちを伝えて良かった。次にフランス製のビスキュイの購入が行えた。チェーン店ではよくあるお話だろうけども町によって商品構成が違うばかりか品切れになる商品が違ってくる事が多々ある事から少し遠出して買いに行った。次に別のお店で鰯の缶詰を購入した。季節の変わり目にはコットンセーターが重宝するのを再認識する。通気性が高いポリエステルの防寒着も喜ばしいか?

2017年10月19日木曜日

色々 平成29年10月

昨日は色々と行った。同じフィルターと言えどもエアコンと浄水器は大違い。前者は軽く洗浄して後者は交換した。大変だったのが靴の裏にガムが付いていたので油で落とす行動。歩いてる時には気づかないままであった。近所に靴の洗い屋さんを兼ねた修理店が営業していてそこの店主からやり方を伝えられ実践した。使い古した歯ブラシに油をつけて擦り落とした。マイナスドライバーも利用した。ヘリンボーンソールの窪みを削る必要はあった。9割取れたが残り1割未満は諦めるかな?油汚れが靴についたが仕方ない。公共の敵はガムを路上に捨てる。先月の猛暑は終わってるばかりか晩秋なようで秋さえも終わろうとしてる。寝具も冬用に切り替える時期。



ちょっとした連絡

前述した日記とは全く違うお話ですが、ルイ・ヴィトンを保有してる人にしたら不条理な模造品が販売されてることについて憤りを感じてると思う。そればかりか、馬鹿げた紹介も否定するであろう。