2018年5月25日金曜日

ドーナツとドーナツ化現象は大違い 平成30年五月

昨日は、ドーナツとドーナツ化現象は大違いなのを認識した。あるお店でドーナツを購入後に帰宅する時に普段は余り通行しない道を通行した。それは皆さんもよくある体験だろうし別に何とも思わないであろうけども消費税が増税されることを見越してか以前存在してた建築物を解体し更地にして別の新しい建築物を作っている最中の現場を見た。「ドーナツ化現象が発生した。」と言われた時期があったが色々とあって都心に帰ってくる動きもある。だけど、出来上がった高層マンションに住める人は多いのであろうか?マンションの空室は存在する。町には病院が必要で医療機関が多いか少ないかが町の力に関わるのかな?ドーナツが買えて私は幸せであった。
オマケ
一袋に4個入りのドーナツはおいしかったです。写真撮影をする前に食べましたので画像の発表は控えます。

2018年5月24日木曜日

今の所、私は海外へはカナダに行ったのみ
平成30年五月

昨日は私は海外旅行はカナダに行ったのみなのを二種類の出来事で再認識した。前者は某飲食店の従業員さんが某外国語大学に通学されてるらしいので軽く英語を喋ったが全く理解されなかった。恐らくは英単語に限っては詳しいのであろう。留学して改善されるかな?後者だが某ご近所さんと降雨の時に再会した。自転車に傘を差していたにも関わらず普通に傘を差して飲食店に赴く予定だったそうです。二本の傘を見たので「自転車の二人乗りは違法ですから。」と私が発言したら「米国やベトナムでそんなこと守ってる人いますか?」と返答されたので「私は米国もベトナムも行った事が無いので知りません。」と返答した後「そうですか。」で立ち去られた。

2018年5月23日水曜日

少し離れた町の書店とパン屋さん 平成30年五月

昨日は、少し離れた町の2店舗で買い物してきました。少し離れた町に行かないとお目当ての商品が買えないことが分かったからです。今となっては本屋の在庫がインターネット上で発表されるようになってきました。それなりの時間が必要であったが仕方ありませんでした。マンガ2冊を購入後にパン屋さんに行ったら希望の商品が品切れであったが別口のパンを購入しました。そのパン屋さんはチェーン店だが過去よりも減った。経営は厳しいと思います。どっちかと言うと関東の高級なパン屋さんなので近畿では庶民向けのパンとの競争が激しいかもしれない。駅前に大きくて良い店が営業してるのはある意味において当たり前だが経営は難しいであろうなぁ。

2018年5月22日火曜日

ピザ、メモリーカードそして試練 平成30年五月

昨日は、ピザも食べたしデジカメに用いるためのメモリーカードを購入出来て良かったが辛い試練もあった。ピザはおいしかった。さくらんぼが使用されたピザが特に良かったが今月末で販売終了になる。知られてるようにデジカメのメモリーカードの規格は数多い。商品によっては今後は市販されない可能性もあるようです。先日購入して確かめたら無事に利用が行えたから再び購入した。メモリー不足で困ってるばかりかそういった方面の説明をしても理解されない人はおられるらしい。一昨日の日曜日の晩に食事をしてる時にベンガルについて父から質問されたから返答したが理解されなかったので、再び説明したが文句は言うが理解しない状態で愕然とした。
オマケ
ベンガルは元々は一つの町であったが現在は東ベンガル州であった部分がバングラデシュという国家になり、西ベンガル州はインド国内の町として存在してるが、それが私の父にしたら全く理解が行えないらしい。

2018年5月21日月曜日

先週を振り返りたい 平成30年五月第3月曜日

先週を振り返りたい。http://twilog.org/098mercurymark

月曜日は、先々週の事を振り返ってたばかりか青森県の病院へは年収2200万円でも応募者がやってこなかったことについて語ってた。無医村は存在する。医師不足の問題が解決することを希望するばかりです。



火曜日は、1.5mmと1.7mmのパスタについて語った。やはり、細さが違うと味が大きく異なる。
カナダのニューウェストミンスター市で営業してる(消費税別)

$1.25ストアで購入したことは日本国内の¥100ショップを連想する。
https://www.dollartreecanada.com/

水曜日は、此花区と食料品店に行って来た事を語った。目的を達成することが行えるかどうかは大きい。4Dはこれからは一般的になる可能性もあるが古典的に映画を楽しめるかどうかも関わるかもしれない。食事、物販、映像、遊戯施設(絶叫マシン等)等が円滑に利用出来ないと今後の遊園地の経営は成立しないかもしれない。周知されてるように物販の競争は激しい。その店でないと買えない商品が売られてるかどうかは大きい。一般的なようで一般的ではないといった具合で陰陽になってるかもしれない。後は、園内で客が困った時に対応してくれる施設の運営か?
食料品の購入は賞味期限内に食べ終える事が行えると無駄使いとは思えないがそれなりに考えて購入しないと控えめのつもりが多額になる事などについて語った。

木曜日は、円滑に鰯の缶詰やヨーグルトが買えて嬉しかった点とてるみくらぶについて語った。 前者はそのまま受け止めてもらいたい。品切れでなくて良かったです。
後者は複雑な思いがする。旅行代理店が詐欺師になった前例。旅行代理店は店が含まれてることもあって民間なのは否定しない。だからこそ、ちゃんとした打ち合わせが行えないと依頼が行えないのを連想した。そればかりか、「客が料金を支払ったのはなぜなのか?」についても考えてもらいたい。航空会社、ホテル、保険会社等の海外旅行に関わる企業はそれぞれ独自に営業活動をしてるから旅行代理店は旅行代理店だけと競争してる訳ではなく取引先との競争も強いられてる。この部分は矛盾してはいない。インターネットの存在は大きい。価格や提案の比較をしてるホームページは存在する。
もう一つ、伝達しておくが空港連絡鉄道やホテルが行ってる送迎バスの存在は小さくない。賛否が分かれるであろうが、レンタカーについては除外するとして空港からホテルの送迎バスを利用しなくてもラピートのような空港連絡鉄道を利用が行えるならば、空港から(駅前の)ホテルに行く人はおられるであろう。空港内のホテルを利用する人もいてるだろうが、空港から繁華街や中心街に行かないと旅は楽しめないしその時に役立つのは公共交通機関であろう。従って、今後はバスが利用出来るならそれでも構わないが、頻繁に電車がやってくる空港連絡鉄道が利用出来る町の人気が高まるであろう。それも、ストライキが発生しなければといった条件がついてくるかな?日本はともかく、海外ではストライキは頻発してる。
旅行代理店が存在してる理由について今後、考慮されるであろう。予定表などを作ってくれたり、ややこしい税金の支払いを一元化してくれたり、情報の提供等の利点がある点は良いですが、詐欺師になってはいけない。航空会社が行ってる業務と海外旅行代理店が提案するフリープランにはどれだけの差異があるのであろうか?保険会社は独自に営業活動してることも周知されてます。繰り返すようだが、ホテルも独自に営業してるばかりか航空会社と提携してるのは周知されてる。
旅を楽しむのにはそれなりの準備が必要。狂ってる人がインターネット上で詰問してきたのは論外であった。他人の仕事の邪魔をするのは好きだが、仕事の邪魔をされることについてだけ反発する悪い人みたいでした。改善が無理なら迷惑をかけてきた人以外に事情を伝えて遮断することを考慮する必要がある。その理由は安全に関わるからです。醜聞を発表するのが目的で必死になって詰問する人は多いが、質問に対して返答が行えるであろうか?「どうして詰問してきたの?」や「半分どうでもよい質問が多くないですか?」を契機に抗議する人はおられるに違いない。理由は、それが不正者への制裁だからです。元々が間違えてるなら悪人は糾弾される。何かについて、否定されることを前提に質問する人はいるだろうけども詰問の拒否については仕方なかった。残念ながら博愛の気持ちは持ってるが、関われる標準を満たしてる人物と関われない悪人に大別される。「特別扱いされてる。」と考えてる人は社会から「特別悪い人扱い。」されるようになる。

金曜日は、カナダ人に出会ったことについて語った。ブルージェイズの野球帽を被ってる外国人は9割カナダ人であろうなぁ。屋外でブルージェイズの野球帽を被ってる時にカナダ人に質問されたこともある。
サブウェイのチリソースは辛すぎて私はこれからサンドウィッチにかけてもらうことは拒否するが他のドレッシングがおいしいからサブウェイの利用はこれからも継続する。

土曜日は、パン屋さんと食料品店について語った。種類を意図的に少なめにした上で商売をされるパン屋さんはおられる。食料品店で買い物を済ませた帰宅した後で降雨に至ると少し嬉しいですね。
そればかりかおよそ一年前だが、「東京の人って「何の仕事してましたか?」と質問するから「子供の時だけ住んでました。」と発言すると嫌がるから困る。」というお話はやむを得ない。改善してほしい。」といった具合で過去の思い出も語っていた。赤ちゃんに「労働しろ。」と言うのか?」
実際に行ってきたから言えるがバンクーバーではチーズケーキを食べる人が多い。専門店が存在してるくらいですからね。

日曜日は、叔母さんと再会したことについて語った。今年のゴールデンウィークが終わる迄に我が家では3回訃報がもたらされた。四日連続で喪服を着用した人はおられるので厳しい社会です。叔母さんは幾分、冷静さを取り戻されてるようだった。
カツサンドの購入が無事に行え、やきそばの上に目玉焼きを乗せたおいしい横手やきそばの調理が行えたばかりか、おいしいエッグタルトが購入出来て良かった。
海外について放映してたテレビを見てたら父親からベンガルについて質問されたから軽く返答したが話がかみ合わなかった。西ベンガル州はインド東部の町として存在してる。難しい領域ですので詳細は各自で調べてもらいたい。
伝達したいから伝達するといった具合だが、AのBといった表現はやむを得ない。前述したように、カナダのニューウェストミンスター市といった表現は仕方ない。単純にAだけの場合、他の似たような事柄と勘違いする可能性が高いからです。一方でAのBのCもしくはそれ以上の領域になると商売で無い限りは聞く耳をもたれないであろう。カナダのバンクーバーばかりか米国のバンクーバーもそれなりに有名ですね。

それでは、皆さん、良き一週間を過ごしてください。